こんにちは。
掲題のオンラインカジノについて客観的な目線で書いてみます。
そもそも未だに先進国でカジノが違法って日本だけですけどね。
ようやくカジノ法案だけは通りましたが。


  「スポンサーリンク」  
       
さて、早速なんですがオンラインカジノの説明です。
オンラインでカジノするんです。そのまんまですね。

ここで取り上げるカジノは国内カジノは除きます。
国内は問答無用で違法ですから。
まあ、そもそも先進国でカジノダメとかビックリですけどね。
パチンコの方がよっぽど中毒性高いです。

今回は
日本国内で日本人が
ネットでつないで海外のカジノで遊んでいた
という事例です。

そして海外のカジノはその国から免許を得ている合法カジノです。

なんと2016年に逮捕者が3人出たんですね。
それまではグレーなので初の逮捕でした。後にも先にもこれのみです。

そのうちの2人は略式起訴を受けれて軽い罰金刑でした。
略式起訴とはいわゆる司法取引的なものと私は思ってます。
世間でもそうでしょう。
軽い罰金だけで済ませてやるから罪を認めろというものです。

ところが1人は頑として認めなかったんですね。
海外の合法カジノなのに何が悪いんだ。なんという罪になるんだと。
徹底的に法廷で白黒つけましょうよ。となったんです。

結果、不起訴です。
裁判にならなかったんですね。

そもそもの日本の法はカジノの元締めを罰する法である。
闇の資金源になるから、それをさせない法だろうと。
その元締めが合法なのになぜ利用者が罰されるんだと。
まあ、他にもあるんでしょうがこのような言い分だった訳ですね。

とここまでは事実です。
事実【不起訴で裁判にならなかった】です

以下は私見になります。
なぜ裁判をしなかったのか?です。
それは日本の法では有罪にもっていけなかったからだと思います。
もしくは面倒だった。

私は前者だと思ってます。
有罪にもっていけないという事はすなわち無罪です。

無罪で何が困るのか。
それは無罪と判例が出来てしまうからです。
今後は海外の合法カジノで遊ぶだけなら全てが無罪になってしまう。

カジノの儲けの脱税は全くの別の話ですよ。それは有罪です。

大袈裟ですが無罪になってそれが日本に知れ渡ったとします。
パチンコ・競馬・競艇・オートレース等の国内で循環してた金が
海外合法カジノをすることで外に流れ出てしまいます。
海外合法カジノからすれば既に在るモノなので労少なく外貨獲得ですよ。

それらの何%が流れ出るのかはわかりませんがお金の流出になってしまいます。
仮に5%流出したとしましょう。
パチンコだけで20兆円です。
→5%の1兆円が海外にいくんです。結構、痛いでしょ。

こういうのは大々的に告知しないとなって思いました。
オンラインカジノしてるだけで白い目で見られるのもね。
時代遅れも甚だしいと思います。
日本は金融最後進国と世界が揶揄する所以です。
ギャンブル嫌いな人は別ですよ。そういう人は全部嫌いなんですから。

ちなみにカジノ運営のラスベガスサンズはNY市場上場企業ですからね。
日本の債務超過してるのに上場されてるとこより余程健全ですよ。
ちょっとだけでも日本人固有の先入観いえ偏見をどかすのも大事なのかなと
これを書きながら強く思いました。
頭を柔らかくして楽しんでいきましょう!!



ブログを一部ですが引っ越しました。
下記のブログになります。
◆◆◆ お役に立とう.com ◆◆◆
http://oyakunitato.com/ 
こちらと同様にどうぞご贔屓にお願い申し上げます。
  「スポンサーリンク」  


ブログの内容は私見ですので投資判断は自己責任でお願い致します。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

リンクフリーです。
相互リンクいただけましたら幸いです。

  「スポンサーリンク」